製品概要
Product

「出張手配システム」と「経費管理システム」を統合した
出張・経費精算ソリューション

J’sNAVI NEOは、旅行やビジネス渡航のプロフェッショナル、JTBが開発した出張費削減・精算業務の効率化ソリューションです。
チケット手配額の削減はもちろん、出張の申請から精算までの一連の業務をいかに効率化するかにこだわり、
考え抜いて作り上げたシステムです。
チケット手配をはじめ、出張に関係するあらゆる部門の業務をワンストップで完了できます。
出張者は立替や仮払いといった煩わしい作業から解放され、
快適でスムーズな出張を、経営者は豊富なデータ項目による精微で迅速な管理が可能になります。

「出張手配システム」と「経費管理システム」を統合した出張・経費精算ソリューション

こんなお悩みを解決します
Solution

社内事務手続きを簡略化し、本来業務の生産性をサポート
JTBの強み「ビジネストラベル・マネジメント(BTM)」で業務を分析・レポート
手配されたチケットの内容を包括的に分析し、そのうえで最適な購買をご提案
人的リソースと経費を効率的にスリム化し、本来業務に傾注できる体制を作ります
Before
  • コスト(直接/間接)の見直しを図りたい
  • 出張の実態を見える化して、コンプライアンスを強化したい
  • 従業員の出張に対する、企業責任(安全管理/注意喚起)を高めたい
  • 直接利益を生まないチケット手配・経費精算事務処理を軽減本来業務に人的リソースを振り分けしたい
 
After
  • 出張にまつわる社員の業務を効率化し会社全体の生産性を アップ
  • 経営の判断材料となる旅費や経費などのデータをすばやく 把握
  • 出張旅費データの集約により最適な購買コントロールが可 能に
煩雑・個別対応が多いチケット手配や精算業務を効率化
経理部門の生産性向上に大きく寄与します
圧倒的な事務処理コストの低減
現在の事務手続きからの移行も、万全のサポートでスムーズに実施可能です
Before
  • 経費削減といわれても、何から手をつけていいのかわからない
  • 経費精算に手間がかかっている
  • 経費申請の不備が多い
  • 実際の出張手配内容と請求データの紐付けができない
  • 出張の仮払いや立替払いが手間
 
After
  • 仕訳や振込データ作成の二度手間が不要。手入力によるミスを軽減
  • 煩雑な精算業務・振込業務をワンストップで行ない業務を効率化
  • 経理業務に特化した検索や処理が可能で利便性アップ
簡単操作でスピーディーな承認が可能に
セキュリティや不正対策にも万全の体制でバックアップします
これまでの社内規定チェック、ルートチェックなどに費やした負担を激減
外出先でもどこでも、スピーディーに承認することが可能です
Before
  • 社内規定にあった適正価格かのチェックが大変だ
  • 急な出張申請が外出中で承認できないことがある
  • 業務に追われて承認作業が遅れたり、溜まったりすることがある
  • 書類や領収書など様式がバラバラで承認業務の引継ぎが困難
  • 申請の不正や誤りを指摘しづらい時がある
 
After
  • 社内規定に柔軟に対応。規定に合わない入力を制御しチェック負荷を軽減
  • スマホやタブレットで外出先でも承認操作が可能。スキマ時間を有効活用
  • 見やすいインターフェイスで申請・精算内容のチェックがカンタン
面倒なチケット手配、精算手続き、代金立替負担が激減
スマホ利用でさらに利便性アップ
チケット取りが簡単・確実に
面倒な立替・精算からも解放され、万全の体制で本来業務に注力できます
Before
  • 個人での立替えによる出張手配はきつい
  • チケットを取る手間が面倒
  • 自分で取ったチケットが規程どおりの適正価格かわからない
  • 出張後の精算がたいへん
  • 出張中の領収書の管理が面倒
 
After
  • わずらわしい出張申請・精算にかかる時間を短縮し業務効率化を実現
  • 見やすいインターフェイスで申請・精算・チケット手配がスムーズに
  • 個人立替による社員の負担を軽減。請求書の振込依頼も簡単で利便性アップ

J’sNAVI NEOの特長
Merit

特徴
1

全てをシステム内で完結し、
業務効率を向上
新幹線・航空機・ホテルなど、国内外のオンラインチケットを手配することが可能。出張申請と同時にカンタン手配。出張者の立替による負担も解消できます。

特徴
2

チケット手配システムとも連携
ワンストップを実現
出張費・経費のデータ化により既存システムとの連携も可能です。 また、JTBの持つチケット手配システムシームレスに連携し、出張費の関わる経理業務を効率化します。

特徴
3

領収書の確認
支払い時の数字の突合せ不要
出張手配と申請・精算が一元管理できるJ’sNAVI NEO なら、自動的に突合せ作業を代行し、経理業務を大幅に効率化します。また、J’sNAVI NEOで手配した出張は立替えや仮払いが必要ありません。

特徴
4

出張以外の日常的な経費精算
出張に関する経費精算だけでなく、近隣交通費や交際費など、日常的な経費の精算もおまかせください。ICカード、スケジューラー、コーポレートカードなどと連携し、日々進化し続ける経費精算機能を利用できます。また、社員の精算データをもとに振込データや会計仕訳データの作成も可能です。

特徴
5

安心の品質「PSQ認証」取得製品
国際規格に準拠した製品であることを証明する「PSQ認証」。J‘sNAVI NEO(Ver.2.0)は、旅費・経費管理に特化したパッケージソフトとして初めて、この認証を取得いたしました。JTBグループだからこその安心と信頼を実証しています。
世界に通用する国産ソフトウェア製品の品質が保証されています
カタログなどの製品説明、マニュアルなどの利用者用文書類とソフトウェア機能の整合性が認証されているため、専門知識の少ない利用者も安心してソフトウェアを購入・利用できます。

特徴
6

選べる導入形態
貴社が抱える課題についてヒアリングさせていただき、貴社にマッチした解決策をご提案いたします。また、導入SEが環境構築や初期設定について様々なご質問に丁寧にお応えし、お客様の導入作業を手厚くサポートいたします。
こんな方におすすめ
クラウドサービス
  • イニシャルコストを抑えたい
  • システム管理の手間を省きたい
  • 短期間でシステム構築したい
  • 社外からインターネット接続で利用したい
自社導入
  • ランニングコストを抑えたい
  • 自社内でサーバ・システムを管理したい
  • クラウドサービス利用が許可されていない
  • 社外からインターネット接続ができない
  • 他システムとリアルタイムに連携したい

J’sNAVI NEO
導入の経費削減例
Merit

経費精算業務をシステム化した場合の旅費削減・時間短縮の試算です。
月200件の航空チケットを利用する場合、
月額2,340万円を削減し、これまでかかっていた時間の約1/6に時間短縮可能です。

旅費の削減
_____

東京(羽田)~大阪(伊丹)間
月200件、航空チケットご利用の場合
大人普通運賃 25,200円
25,200円×200件×12ヶ月=60,480,000
JAL eビジネス6 15,450
15,450円×200件×12ヶ月=37,080,000
60,480,00037,080,00023,400,000円
システムを導入し、チケット手配を行うことで、
自動的に2,340万円の削減が可能になります。

時間短縮
_____

主な実現手段
糊付けe文書
削減率100
運賃確認ICカード連動
削減率100
入力作業法人カード・ICカード
削減率60
予定表との突合法人カード連動
削減率80

導入の流れ
Flow of introduction

最短3ヶ月で簡単・迅速な導入と、導入後の徹底運用サポート。
精算業務の変更でも、無駄な労力が発生しない体制があります。

関連するコラム
Column

よくある質問
FAQ

J’sNAVI NEO(JTB)を利用するとチケット代は安くなりますか?

J’sNAVI NEOは「JAL ONLINE」「ANA@desk」などの法人専用サイトで法人割引チケットを購入することができます。また、変更やキャンセルが無料になるなどのメリットもあります。さらに、JTBが提供する「るるぶトラベル」「るるぶトラベルツアー」も利用できますので、最も旅費削減の効果が大きいパッケージツアーの手配が可能となります。

交通費や一般経費の精算だけで利用できますか?

はい。近隣交通費や交際費などの日常経費の精算だけでもご利用いただけます。交通系ICカード連携やコーポレートカード連携など、出張精算以外の機能も充実していますので、出張が少ない企業様にも導入いただくケースが多いです。

J’sNAVI NEOを利用すると、どのようなメリットがありますか?

J’sNAVI NEO経由で手配した各社のチケットはJTBから一括でお客様へ請求するので、社員の立替えも不要ですし、チケットデータの連携により精算時の入力ミスや不正も防止できます。さらに、請求と利用実績の突合せもJ’sNAVI NEO上で簡単に行うことができます。
出張者はもちろん、承認者や経理担当者の業務効率化と生産性向上を実現します。経営層にとっても、出張や経費の実態を一元管理できるので、コスト削減やガバナンス強化といったメリットがあります。

利用者数が少なくても使えますか?メリットはありますか?

利用者数が少なくてもご利用可能です。

どのくらいの期間で運用開始できますか?

平均的に発注後4~6ヶ月で運用開始となるケースが多いです。この期間に、要件定義、運用設計、マスタデータの準備や設定、運用テスト、ユーザ教育等を行います。ご利用いただく機能の範囲によっては、最短1ヶ月で運用開始したケースもあります。

PAGE TOP