チケット手配・出張・経費精算はJTB

経費精算システム

J’sNAVI NEO

J’sNAVI NEO(ジェイズナビネオ)はJTBの持つチケット手配システムと連携し、
出張時のチケット手配から経費精算をワンストップで行えます。

ユーザー数
85万人

導入実績
600

こんなお悩みありませんか?

  • 悩み
    01

    出張時の立替え・
    仮払いの負担が大きい

  • 悩み
    02

    経理業務が手作業のため
    手間と時間がかかる

  • 悩み
    03

    経費規定違反の確認が
    疎かになっている

  • 悩み
    04

    請求書と利用実績の
    突合せがタイヘン

  • 悩み
    05

    チケット手配はもっと
    簡単にならないだろうか

    > 詳しくはこちら

J’sNAVI NEO(ジェイズナビネオ)とは?
What is J’sNAVI NEO?

旅行やビジネス渡航のプロフェッショナル、
JTBが開発した出張費削減・精算業務効率化ソリューションです

出張に関わる面倒な業務やそれに伴う経理業務をJ’sNAVI NEOが一気に解決するだけでなく、
コスト削減、ガバナンス強化、リスク管理といった
高度なビジネストラベルマネージメント(BTM)を実現します。

出張費精算、交通費精算、経費精算を効率化する
8つの機能
Eight functions

JTBの持つ移動・宿泊システムと連携し、
出張にかかわるすべての機能が利用できるシステムです。

  • チケット手配

    新幹線・航空機・ホテルなど、国内外のオンラインチケットを手配することが可能。

    > 詳しくはこちら

  • マッチング機能

    各社チケットの請求をJTBが取りまとめて一括請求。さらに、請求×利用実績×精算データを簡単にマッチング。
  • カスタムレポート

    蓄積された購買データをもとに、定期的に分析レポートを作成し、最適な購買をご提案。
  • 規程チェック

    様々な社内規定をルール設定し、規定外の精算はアラート表示するなどの制御が可能。
  • 法人向け(クレジット)カード利用実績
    データ連携

    コーポレートカードの利用明細データを精算書に取り込むことが可能。
  • 定期区間の自動控除・
    検索サービス連携

    検索サービス(乗換案内Biz.)と連携し、検索結果の取り込みが可能。
  • 勘定科目の自動仕訳

    精算時に摘要項目を選択するだけで、勘定科目や税区分などを自動的に紐付け。
  • 振込データ作成

    精算データから、立替分や取引先への支払い分の振込みに対応した振込データを自動的に作成。

導入事例
Case study

独自システムを持つ企業様も、精算が手作業だった企業様も
「J‘sNAVI NEO」の機能にご満足いただいております。

導入企業様(一例)

  • 日本製紙株式会社
  • 株式会社池田模範堂
  • 株式会社アデランス
  • オーエスジー株式会社
  • 旭ダイヤモンド工業株式会社
  • AGCポリマー建材株式会社
  • 上智学院
  • 株式会社エスイー
  • 株式会社テラプローブ
  • 合同製鐵株式会社
  • アルテリア・ネットワークス株式会社
  • 学校法人創価大学
  • 株式会社高砂製作所
  • 信濃建物総合管理株式会社
  • 倉敷紡績株式会社
  • 帝国繊維株式会社
  • J.フロントリテイリング
  • 筑紫女学園
  • 株式会社TAM
  • 株式会社コスダック
  • 株式会社アクシスウェア
  • 有限会社アヴァンデザイン研究所
  • PHC株式会社

よくある質問
FAQ

J’sNAVI NEO(JTB)を利用するとチケット代は安くなりますか?

J’sNAVI NEOは「JAL ONLINE」「ANA@desk」などの法人専用サイトで法人割引チケットを購入することができます。また、変更やキャンセルが無料になるなどのメリットもあります。さらに、JTBが提供する「るるぶトラベル」「るるぶトラベルツアー」も利用できますので、最も旅費削減の効果が大きいパッケージツアーの手配が可能となります。

交通費や一般経費の精算だけで利用できますか?

はい。近隣交通費や交際費などの日常経費の精算だけでもご利用いただけます。交通系ICカード連携やコーポレートカード連携など、出張精算以外の機能も充実していますので、出張が少ない企業様にも導入いただくケースが多いです。

J’sNAVI NEOを利用すると、どのようなメリットがありますか?

J’sNAVI NEO経由で手配した各社のチケットはJTBから一括でお客様へ請求するので、社員の立替えも不要ですし、チケットデータの連携により精算時の入力ミスや不正も防止できます。さらに、請求と利用実績の突合せもJ’sNAVI NEO上で簡単に行うことができます。
出張者はもちろん、承認者や経理担当者の業務効率化と生産性向上を実現します。経営層にとっても、出張や経費の実態を一元管理できるので、コスト削減やガバナンス強化といったメリットがあります。

利用者数が少なくても使えますか?メリットはありますか?

利用者数が少なくてもご利用可能です。

どのくらいの期間で運用開始できますか?

平均的に発注後4~6ヶ月で運用開始となるケースが多いです。この期間に、要件定義、運用設計、マスタデータの準備や設定、運用テスト、ユーザ教育等を行います。ご利用いただく機能の範囲によっては、最短1ヶ月で運用開始したケースもあります。

検討段階で画面を見たり、実際に操作することはできますか?

はい。営業担当者によるデモンストレーションをはじめ、デモ環境を一定期間お貸しして、操作を確認していただくことも可能です。また、30日間の無料トライアルも実施しております。詳細はこちらのページをご参照ください。
 
30日間の無料トライアルはこちら

コラム
Column

経費・交通費・旅費精算に関する基本的な情報から
経費精算システム導入におけるメリットやポイントなど、様々な情報を掲載しています。

「IT導入助成金2021」が公募開始!新設された内容とは?

企業のITツールの導入等を助成する「IT導入助成金2021」が今年も公募が始まりました。昨年は新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、特別枠が設けられましたが、今年も新たに特別枠が設けられています。
そこで今回は、IT導入助成金2021の概要から、新設された内容までご紹介します。

  • ニュース

電子帳簿保存法に対応後の税務調査対策として押さえておくべきことは?

電子帳簿保存法に対応したものの、税務調査に備えてどのようなことをしておくべきかわからず困っていませんか。そこで今回は、税務調査の基本と、経理部門が電子帳簿保存法対応後に、税務調査を受ける際に必要な準備や押さえておきたいポイントを解説します。

  • 電帳法

電子帳簿保存法への対応と同時に実施すべきセキュリティ対策とは?

電子帳簿保存法に対応し、帳簿類などの電子データ化を行うと、そのデジタル書類についての管理が必要になります。すると、情報セキュリティについても検討する必要が出てきます。そこで今回は、電子帳簿保存法への対応と同時に実施すべきセキュリティ対策についてご紹介します。

  • 経理

FinTechとは?経理業務はどう変革できる?

近年、金融関連の話題でよく耳にするようになった「FinTech(フィンテック)」という言葉。そのFinTechを経理業務に取り入れることで、経理業務の変革を図ることができるといわれています。そこで今回は、経理業務はどう変革できるのか、その方法を解説します。

  • 経理

2021年度はテレワーク移住で最大100万円の補助!そのメリットとは?

2020年度は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、テレワークが推進されました。そして2021年にはテレワークに関する新たな補助が実施される予定です。地方の活性化を目的とするこの補助についてのことや、活用メリットについて解説します。

  • テレワーク

知っておきたい助成金と補助金の違いとは?

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、助成金や補助金を活用するのを検討している企業も多いのではないでしょうか。そこで今回は、知っておきたい助成金と補助金の意義や目的、助成金と補助金の主な違いを解説します。

  • 経費

雇用・休業関係の助成金・支援金にはどんなものがある?活用法は?

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、資金繰りが困難になる中、国や自治体による助成金や支援金を活用する企業もあります。今回は、雇用や休業に関する助成金・支援金をご紹介します。

  • 経費

経理担当者は知っておきたいコロナ禍における経費削減術

コロナ禍により、企業はテレワークや手当、雇用関係などにさまざまな対応を急ぐ必要があり、通常よりも資金繰りが困難な状況にあるのではないでしょうか。そこで今回は、経費削減のヒントとして、固定費見直しの方法や、助成金・補助金活用法などをご紹介します。

  • 経理

助成金・補助金の会計処理の方法と注意点

2020年は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大によるテレワーク導入などに対し、国からさまざまな助成金・補助金制度が実施されています。そこで今回は、助成金と補助金の会計処理の方法の基本と注意点を解説します。

  • 経費

ITツールを導入するなら知っておきたい『IT導入補助金』の活用術

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、特別措置がはかられた2020年の経済産業省「IT導入補助金」。毎年実施されており、IT事業者にとってはおなじみの補助金制度です。2020年の状況や、ITツールを導入する際の活用メリットをご紹介します。

  • 経費

×

毎週木曜日に開催中!

\お気軽にお申込下さい/
製品詳細やデモのご案内こちら!

オンライン
個別相談会
PAGE TOP