海外出張で使える!
100円ショップで準備できる持ち物とは?

海外出張で使える!
100円ショップで準備できる持ち物とは?

海外出張が決まった! さあ準備だ、荷造りだっ!! そんなとき、まず足を運ぶべき場所は100円ショップです。普段は使わないけれど、出張となると必要なんだよなあ…という物を、ほぼ揃えることができますよ。昔から使っている出張セットがあるから大丈夫というベテランの方も、まずはご一読を。イマドキの100円ショップの充実ぶりに驚くはず。

目次

これぞ100円ショップの底力!
パッキングに役立つ便利グッズ

ビジネスシーンに欠かせない、ワイシャツとネクタイ。スーツケースの中でシワにならないように持って行くにはどうすれば…? そんな悩みを解決してくれるのが、100円ショップで売っているA4サイズの書類ケース。薄いタイプと厚みのあるタイプがありますが、ワイシャツに適しているのは厚いほう。ワイシャツがちょうど1枚収まって、クリーニング済みのパリッとした襟の形を崩さず、胸元に変なシワもつけずに持ち運ぶことができます。透明なプラスチック製なので、一目で中身がわかるのも利点。シャツに合わせるネクタイも一緒に入れておけば、スケジュールに追われていても、さっと着替えることができますね。襟の固くないシャツやブラウスは、薄いタイプのケースでOKです。

100円ショップには、ネクタイ収納ケースというニッチな商品もあります。透明な筒状のプラスチックケースで、ネクタイをくるくる巻き取るようにして収納します。ネクタイピンを収める部分も付いていて、これまた便利。出張に限らず、夜の会食やデートに備えて、替えのネクタイを持ち運びたい…なんてときにも役立ちそうです。

「見える」は正義。メッシュのケースやジッパー付きプラスチック袋はいくつあっても役立つ

ファイルはパスワードをかけてメール送信、重要書類は透けないフォルダに入れて保管…など、ビジネスシーンでは「見せないこと」に気を配ることが多いですよね。けれども、荷物のパッキングにおいては、中身が何か「見えること」がとっても大切。荷物を小分けするときに、お店のショッパーなど中身の見えない袋に入れてしまうと、あとから「これって何が入っていたっけ?」と開けたり閉めたり、手間がかかってしまいます。その点、中身が見えるメッシュケースなら、パッと確認できるので手間いらず。100円ショップには、さまざまなサイズ・形のメッシュケースが売っています。衣類は片面がメッシュになった収納力のあるボックス型ケースに、デジタルグッズの周辺機器はポーチタイプのメッシュケースに…という具合に、入れるもののサイズに合わせて、何種類か揃えておくと便利です。

同じく「見える」袋としては、ジッパー付きプラスチック袋も必須です。薬や絆創膏は、箱から出してジッパー付き袋に入れればかさばりません。多めに持っていけば、現地でもらうショップカードやレシート、余ったコインなどを小分けにして整理するのにも便利です。また、下着を1回分ずつジッパー付き袋に入れてメッシュケースに納めるようにすると、何日分あるのか一目でわかるうえ、シャワーのときもさっと取り出せて快適です。

いわゆる定番旅行グッズも品揃えに抜かりなし。
意外なグッズも役立てよう

いわゆるベタな旅行グッズも100円ショップの得意ジャンル。都内の某100円ショップをひと回りしたところ、携帯用歯磨きセット、折りたたみコップ、ナイロンタオル、除菌ティッシュ、機内持ち込み用液体ケースセット、耳栓、アイマスク、首マクラ、携帯スリッパ、使い捨てパンツ、ネームタグ、手荷物まとめ用ベルト、防犯用南京錠、防犯用ホイッスル、足つぼマッサージグッズ…などなど、あらゆるものが揃っています。むしろ、自分に必要ないものまで必要な気がして買ってしまいそうに…。ここは注意が必要です。

一方、出張に関係なさそうだけれども、意外と役立つかもしれないのが、折り紙、筆ペン、和柄のぽち袋や一筆箋など和物グッズです。会食時のコミュニケーションとして、鶴を折ったり、和紙に筆ペンで漢字の当て字で名前を書いてプレゼントしたりすると、喜ばれるかもしれません。渡航先で出会った人への、気のおけないプレゼントとして活用してもよさそうです。

行くたびに新しい発見のある100円ショップ。定期的にチェックしてみると、思わぬ便利グッズと出合えるかもしれませんよ。

×

オンライン商談はこちら

インストール等は不要!
自席で製品のデモンストレーションを
ご覧いただけます!

オンライン商談

PAGE TOP