出張費とは?旅費交通費と交通費はどう違う?
出張費精算をマスターしよう

今回は、「出張費」や「旅費」「交通費」などの違いがよくわからないという、
業務経験の浅い経理担当者のために、出張費精算にまつわる基本をご紹介します。

出張費とは?旅費交通費と交通費はどう違う?
出張費精算をマスターしよう

今回は、「出張費」や「旅費」「交通費」などの違いがよくわからないという、
業務経験の浅い経理担当者のために、出張費精算にまつわる基本をご紹介します。

まだ業務経験の浅い経理担当者の方にとって、出張費の精算というのは定期的に訪れる業務である上に、少し煩雑なところがあります。そこで今回は、そもそも「出張費」や「旅費」「交通費」などの違いがわからないという方へ、出張費精算にまつわる基本をご紹介します。

目次

出張費とは何?旅費交通費と交通費の違いとは?

経理業務において出張費という名称はよく耳にしますが、他にも旅費交通費、交通費という名称もあります。これらはどのように違うのでしょうか。

出張費とは

出張費とは、その会社の役員や従業員が業務に関連することで遠隔地に行くときにかかる費用で、一般的な呼び名です。出張手当や宿泊費、交通費が含まれます。

旅費交通費とは

旅費交通費は「旅費+交通費」のことで、勘定科目の一つです。通常、経理処理の際は出張の際の宿泊費や出張手当を含む「旅費」と、電車や新幹線、飛行機、車の高速代やタクシー代などの「交通費」を合わせて旅費交通費として処理することになります。
 
しかし、同じ宿泊費でも研修旅行の場合は「研修費」、慰安旅行などの宿泊費は「福利厚生費」で処理することになります。旅費交通費は、あくまで遠隔地へ出張したときに支出した全体の経費となります。

交通費とは

交通費とは、自宅から会社までの通勤費用や近くの取引先へ行くなどの近距離の移動にかかった費用を指します。つまり具体的には通勤定期代や電車やバスなどの運賃、タクシー代、駐車場代などがあります。旅費交通費とは異なるものです。

出張費精算にまつわる基礎知識

続いて、出張精算業務にまつわる基礎知識を用語と共に見ていきましょう。

仮払金とは

旅費出張費の勘定項目の仕分けにおいて、よく出てくるものの一つが「仮払金」です。仮払金とは取引や営業活動で要する可能性のある金銭を、前もって支給した際に用いる勘定科目の一つです。
 
例えば出張においては旅費や交通費を先にまず社員へ渡してしまう、つまり仮払いするというときに使用します。また出張以外でも買い出しにかかった費用や、小口資金として支給する金銭のことも指します。
 
例えば出張する従業員に対して仮払金として10万円を支給したとします。しかし実際出張でかかった費用が15万円だった場合、差額の5万円は出張後に現金で支払います。

出張手当とは

出張手当とは出張における交通費や宿泊費以外の、食事等の諸費用に対する費用のことです。これは出張旅費規程で定められていることが多く、役職によってその額が異なってきます。出張旅費規程上、出張手当について認められていれば、旅費や交通費と同様、給与ではないため、非課税になります。

不正出張費申請とは

不正出張費申請とは、文字通り出張費を不正に申請することです。例えば定期区間内の運賃をすでに定期代として毎月支給しているにもかかわらず、出張において定期区間を利用した場合、出張費申請するといったことはダブルで費用を請求することになりますので、不正に当たります。経理担当者にとってそうした不正にいかに気づくかはとても重要になってきます。そのためにはダブルチェックなどの人の目によるチェック体制も重要になりますが、そもそも定期区間を自動で除外してくれて、出張費精算も一気通貫でできるしくみをシステムとして備えていれば、こういった不正についてアラートを出すことで確実に気づくことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。出張費精算における用語はまだ他にもありますが、基本的なところを押さえておくことで業務に役立ちます。出張費申請は煩雑といわれますが、基本的なところを押さえながら業務に慣れていきましょう。

関連するよくある質問
FAQ

J’sNAVI NEO(JTB)を利用するとチケット代は安くなりますか?

J’sNAVI NEOは「JAL ONLINE」「ANA@desk」などの法人専用サイトで法人割引チケットを購入することができます。また、変更やキャンセルが無料になるなどのメリットもあります。さらに、JTBが提供する「るるぶトラベル」「るるぶトラベルツアー」も利用できますので、最も旅費削減の効果が大きいパッケージツアーの手配が可能となります。

交通費や一般経費の精算だけで利用できますか?

はい。近隣交通費や交際費などの日常経費の精算だけでもご利用いただけます。交通系ICカード連携やコーポレートカード連携など、出張精算以外の機能も充実していますので、出張が少ない企業様にも導入いただくケースが多いです。

J’sNAVI NEOを利用すると、どのようなメリットがありますか?

J’sNAVI NEO経由で手配した各社のチケットはJTBから一括でお客様へ請求するので、社員の立替えも不要ですし、チケットデータの連携により精算時の入力ミスや不正も防止できます。さらに、請求と利用実績の突合せもJ’sNAVI NEO上で簡単に行うことができます。
出張者はもちろん、承認者や経理担当者の業務効率化と生産性向上を実現します。経営層にとっても、出張や経費の実態を一元管理できるので、コスト削減やガバナンス強化といったメリットがあります。

PAGE TOP